「シェルティ育児録」 「真愛珠の家族」 「真愛珠」   前へ 次ぎへ

生後3年2ヶ月 真愛珠の避妊手術 →沙笛

5回目の発情 避妊手術のメリットとデメリット

2007年06月21日 < 避妊手術の前日 >

いよいよ、明日は真愛珠の避妊手術。

はぁ。。。。。。。。oO

万が一、薬が切れてたら大変なので先週、先生に電話で、
「麻酔は、てんかんに良いお薬でお願いしますね。」
「マイクロチップもお願いします。」
と念を押した。

そして、術後の傷保護に、主人の古いズボン下で服を作った。沙笛の時は、リボンにしたら咬みきられたので、今度はカッティングを改良して胸も被った。スナップで止めてある。
 
  フードは目下、普段のプリサイズの平行輸入が遅れてる為、上位フードの正規商品プリセプトプラスをお試し中。

体調良好。
アジサイ事件以来、嘔吐・下痢無し。
発作も無し♪

準備万端整った。
今日は普通通り。
明日はお水だけ。

真愛珠 命。掌中の珠。
はぁ。。。。。。。。oO
後頭部が燃える。。。。

2007年06月22日 < 当日 >

6:00 AM
ゴクン、ゴクン、という声に目が覚めた。
真愛珠が吐きそう!!
慌ててビニール袋を広げたら、白い泡状のものを吐いた!

今日、発作が有るのかな。。。?
今年は発作が無いと喜んでたのに!
なして、よりによって今日なのよ。。。;T^T;

9:00 AM
目覚ましに起きたら、凄い雨。なして今日降るの?
もう1時間寝るか。

10:00 AM
まだ雨。
取りあえず起きて様子を見たら、真愛珠は普段通り元気。
ビニールを開けて嘔吐物を見直したら、若干のフードと水になっていた。

11:00 AM
兎に角、真愛珠をキャリーバッグに入れて、病院へ。

「今日、発作が有るとしても、麻酔には問題ありませんが、麻酔で吐く子も居るので、ん。。。吐いたのは1回だけなんですね?
気になるのは、吐いた理由が何かの病気の前兆かどうかです。
消化器系に現れた程度の時期は、血液検査で判らないことも多いですから。
1度吐いただけで、食欲と元気が有れば、問題は無いと思いますが。。。1日延ばして様子みます?」

朝起きてからの真愛珠の動作に、違和感は無い。首輪をする時も散歩!って跳ねてたし。
で、明日の朝用に持参したフードを真愛珠に見せた。
「ご飯!」食欲は有る。

まぁ、一番良い日を選んだんだし。

兎に角、血液検査をして、その結果次第ということにした。

1:00 PM
血液検査結果の電話。
異常無し。

午後2時過ぎから手術に掛かるとのこと。
真愛珠、頑張れ!!!

5:00 PM
手術が無事に終わり、もう起きてると聞いて、面会に行った。
沙笛の時とは別のケージ。
嬉しそうにチョンチョンして呉れる。
既にエリザベスカラーをされていた。

やっと安心して余裕が出ると。。。真愛珠が動くのに連れて動く管が見え「わ!点滴!?動いちゃダメ!」
「心拍が少な目なのと、血圧も低めでしたので、点滴しています。もう取っても良いんですけどね。」と先生。

点滴中だから、カラーしてる?
 
  「時期が良かったので、やりやすかったです♪」
「子宮も見せて頂けますか?」と伺ったら、
「あ!捨ててしまいました!ちょっと待ってね。」
と、看護婦さんと一緒に、ゴミ箱の中から探して下さった。
 
真愛珠
沙笛
  沙笛のは、右半分がよじれて置かれてるが、それにしても沙笛のと真愛珠のと、随分違う。
手前の脂身みたいなのは子宮間膜(しきゅうかんまく)というそうだが、これが真愛珠のは脂肪一杯の感じがして伺ったら、広げて下さった。
広げれば、脂肪の塊というより薄い膜に見える。

そして、沙笛は1歳で若かったから、膜に脂肪が付いてないとか。真愛珠のも、少ない方らしい。
沙笛 体高40cm 8kg。
真愛珠 体高36cm 6kg。

大型犬で出産経験があり、肥えてると「泣きたくなる位脂肪が一杯!」と。
じゃあベティは。。。さぞかし。^^;

ついでに、高脂血症とか、内臓の脂肪の付き具合も伺った。
子宮間膜が一番脂肪の付く場所だとか。
真愛珠のは綺麗だったとか、皮下脂肪は普通だったとか。
また、この麻酔は、コレステロールだったか脂肪だったかが高いと出来ないので、その検査もしましたが透明で綺麗でした、と。

真愛珠のキュンキュン言う声に後ろ髪引かれつつ、出た。沙笛は、全然泣かなかったんだけど。。。

< マイクロチップ >参照

真愛珠もライフチップを挿入して貰ったが、今度は会社が統合して、 方式が変わっていた。住所や電話番号が変わる等の変更が有る時は、飼い主が申込書をコピーしてFAXか郵送する。

2007年06月23日 < 退院 手術翌日 >

10:00AM
真愛珠のお迎え!!
昨日は20分くらい泣いて、諦めたそうです。^^;

「ご飯も完食しました。元気ですよ!
ただ、飛んだり跳ねたりさせないようにして下さいね。」
ほんと、飛びそうにチョンチョンと来ました。

「今度は抗生物質を上げるのを、忘れないようにして下さいね。まぁ、無菌でしてますから大丈夫とは思いますが。」
とお薬を受け取って、ライフチップの書類に印鑑を押して、料金を払って、御礼を言って、バッグに入れた真愛珠を抱きしめから帰宅!

因みにライフチップ、2社統合したらしい。
2つに別れてたら、ややこしいもんね。
 
帰った時は、傷口にガーゼが貼られてたが、「取っても良いですよ」と伺ってたので取った。
その時、少し拭いた。ほんと手術の跡って汚い。
傷口は2cm(3針)で沙笛の時より小さめ。
端っこも少しカミソリ負けか赤くなって。。。痛々しい。
  沙笛の場合
  おしっこさせてみたら、ok。素直にして呉れた♪
ウンチは、今日は出ないかもね?昨日食べてないんだから。

傷口が汚れないよう、用意していた服を着せた。
更に、舐めないよう、エリザベスカラー。
すぐ寝た。
お部屋はクーラーをエコ(28度)にしている。

良く寝て、早く治ってね!!
抜糸は7月2日。

本日のウンチは、結局1.5cm大の球を1個しただけ。
おしっこは問題無く、して呉れた。
普段との違いは、兎に角すぐ寝ることと、沙笛が構いに行くと鼻をヒクヒクさせて怒ること。
やっぱり、鬱陶しいんでしょうね。

ちょっと部屋に物を取りに上がるだけだから待ってろって行ったのに、私について階段を上がろうとして、途中で止まってしまった。
で、ずっと抱いて上がり降りした。
面白いのは、昨日の真愛珠不在時と、真愛珠が吠えない今日、他のわんこも吠えない!真愛珠が元凶ってことか??
 

2007年06月24日 丸1日ずっと雨で、人の出入りも無く、電話も掛からず。。。褒めるチャンスが殆ど無い。^^;

元通りの排泄復活。
沙笛とも遊ぶようになった為、要注意。
この日は日曜日で外出無しも有り、エリザベスカラー無しでもok。

2007年06月25日 < 3日目 > →沙笛の場合

3日間は要注意と言われた3日が過ぎた。

真愛珠には、乳腺の腫れが無かったせいか?季節柄床暖房してないせいか、下腹部の擦れも無い。
今度は抗生物質を忘れなかったせいか?傷口は赤みも余り無く、綺麗に治りつつ有る。
カミソリ負けみたいな跡も綺麗に治った。

階段は、殆ど私が抱いて上がり降りしてたものの、今日は自由に上がり降り出来る模様。
12日に手術した沙笛、15日にはまだゆっくり上がり降りしてたのに。

また吠えも、沙笛の声が復活したより1日早く復活。

ベティと沙笛だけを散歩に連れて行ったのが頭に来たらしく、結構怒ってたらしい。
明日は、ベティのうんち散歩に同行させても良いか、先生に伺おっと!

排泄後に、ちょっと舐める程度で、傷口は気にしてない模様。現在傷口保護は服だけで、エリザベスカラー無し。

順調で、とっても嬉しい!!!*^^*

2007年07月02日 < 術後10日目 抜糸 > →沙笛の場合

真愛珠の抜糸完了。
綺麗に治ってる♪

ただ表面は綺麗だが、傷跡を触ると皮膚の下に2カ所の塊が有る?
私自身が手術した時の経験から糸瘤かと思うが念の為、先生に伺った。
やはり、切り口にマクロファージなどが集まって出来る物で、グチュグチュして無ければ問題は無く、いずれ消えるらしい。
私の場合は糸瘤が消えるまで9ヶ月掛かったけど。まぁ、消えるなら良し。

また、万一毛が生えなかったらどうしよう!とも心配したが産毛が生えてきたから大丈夫??
2007年07月10日 < 抜糸後8日目。> →沙笛の場合

やっぱり沙笛の時より綺麗!
2007年07月16日 < 術後 約3週間目。> →沙笛の場合

やはり、この時期には一度傷口が判らなくなるらしい。
後で傷口が白い線として出るのだけど。

2008年01月15日 術後にお腹の毛が薄くなったかどうかの比較。
まだ生え戻ってないのか? →沙笛の場合
 
術後約7ヶ月。2008/01/15

手術前の発情後期。2007/06/25

5回目の発情 避妊手術のメリットとデメリット

「シェルティ育児録」 「真愛珠の家族」 「真愛珠」   前へ