GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

ユキヤナギ(雪柳)
花の写真
バラ科シモツケ属 Spiraea thunbergii(学名) 落葉広葉低木 中国・日本原産

 管理・育て方
特徴成長が早い。
樹高1〜2m
花期3月下旬に開花し、約2〜3週間楽しめる。
日当たり日当たりを好むが、強い西日は避けられれば最適。半日陰でも良く咲く。
土壌乾燥しすぎない土壌。
施肥寒肥と花後の御礼肥。
水やり土の表面が乾いたら。
病虫害強いが、カイガラ虫などがつく事が有る。
剪定 適期:花後すぐ。
新梢が伸び繁茂してから剪定すると、花芽の分化期に負担を掛けて充実した新梢が出来ない原因となったり、花芽を切り取ることになったりするので注意。
古枝は、出来るだけ地上近くまで切り戻した方が、枝の形が整う。早い時期に剪定を行う程に長い新枝が育ち、枝がしなだれて綺麗になる。
新枝が出ない枝先は、いずれ枯れて残る為、剪定の時に切った方が綺麗。この時、上方向に先端の新枝が出るように切らないと樹形が乱れる。
増殖零れ種、挿し木。

2004年  2005年  2006年  最新年度

  

15年ほど前に植栽。

水やりは殆ど自然の雨だけでよく、病気にもならず、カイガラ虫が偶に付く程度。非常に育て易い木で、とても気に入っている。
  2004年3月21日の状況 開花中
ずっと住んで居なかった為、植木屋さんがツツジと同じように丸くチョンチョンに切っていた。
2003年に帰ってから、暴れ枝を切るだけで、自由に伸ばした。
見事に咲いて呉れ、「ユキヤナギって、こんなに綺麗になるの?今までのは。。。何?」と近所の方曰く。 (ユキヤナギの生け垣
花の写真 花の写真
  2004年4月13日の状況 剪定
大まかな剪定完了。
花殻が残るのは見苦しいし、何十本ものユキヤナギの花殻だけなんて切ってられないので、花が終わった枝を、上枝が出そうな葉芽の上で切った。
花の写真

  2004年12月4日の状況 狂い咲き
2本だけだが、紅葉と開花が同時。
花の写真 花の写真

  2004年12月30日の状況 紅葉
冬らしく寒くなった12月下旬、多くの皆さま、紅葉。
花の写真

2004年  2005年  2006年  最新年度

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/