GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

シマトネリコ(タイワンシオジ)
花の写真
モクセイ科トネリコ属 Fraxinus griffithii 半落葉広葉高木 台湾・中国原産

 管理・育て方
特徴樹形が優しげで美しい。成長が速い。温度変化に敏感(5〜6月でも、急に気温が下がると芽が成長を停止し、落葉する場合がある。)。
樹高5〜15m
花期5月 小さくて白い花は、離れてみると煙のよう。蜂がブンブンと集まる。
結実8〜9月頃に白いサヤが付く。
日当たり日当たりの良い場所、または半日陰を好む。
土壌水はけの良い土壌。
肥料2月に固形肥料を置き肥。
水やり乾燥もやや苦手だが加湿に弱い。土の表面が完全に乾いたらたっぷり上げる。(乾かし気味に管理。)
病虫害ハダニ(下から吹き上げるように鹹水する)、カイガラ虫に注意。黒星病、褐斑病、斑点病などにはダイセン、ダコニール、ベンレートなどを半月に1回、撒く。
剪定適期:11−12月、2−3月。
剪定する枝:枯れ枝、見た目にバランスの悪い枝、不要な枝(徒長枝、下り枝、等)など。また、伸ばしたくない方向の枝、短くしたい枝などを切る。全体をすかすように、込み入ったところを切る。花が咲いて実がなった枝先は枯れる?
その他小枝や葉先の変色
低温:冬が寒すぎると、低温で傷む時が有る。
土壌の加湿:根が定着したら、よほど雨の降らない時や真夏以外は自然に任せる。
肥料の過多:暖かくなって、新芽が出始めた頃に施肥してみる。

2004年  2005年  2006年  最新年度

  2008年4月10日の状況 黄葉中
花の写真
一昨年
翌々年
花の写真
新芽に押されて古葉が落葉中。
今年は暖冬だったからか、随分まし。
  2008年5月20日の状況 新葉
花の写真
東側のシマトネリコ
一昨年
翌々年
剪定後へ
西側のシマトネリコ
強風で落葉が終わり新葉に変わったトネリコ。
2007年だったか、強風を受けて枝が広がり過ぎた為、縄で株を寄せた。
2007年は、植木屋さんが代わったことも有り、剪定をしていない。
しかしなんか。。。西側のほうのトネリコの葉が減った??

  2008年5月25日の状況 水鉢改善
花の写真
24日
花の写真
25日
どうにも元気が無く、色々な人に相談したところ、 この程度のトネリコだと、夏場は、最低バケツに2杯は必要とのこと。 しかし、現在の根鉢では流れてしまって不可能なので、水鉢を大きくしてみた。
今更掘るのは無理だし、盛り上げると歩きにくいので、ちょっとだけだが、これだと結構水を掛けられる。

  2008年6月上旬〜中旬の状況 蕾
花の写真
4日
花の写真
12日
今年も花梗が伸びて沢山の蕾がついた。

  2008年6月下旬〜7月の状況 開花
花の写真
6月21日
花の写真
7月12日
遠めには白く煙るように見える花が開花。

  2008年8月8日 結実
花の写真
花の写真
実をつけさせると弱るかも知れないけど。。。白いさやは綺麗。

  2008年10月7日 結実
徒長してきて。。。綺麗とは言えなくなった。
本当は、10月に植木屋さんに切って貰えば良いのだけど、年に2度頼めるお金は無い。。。
花の写真

  2008年12月8日 剪定
鞘が枯れて見苦しい。
先端は梯子が届かないので仕方ないが、自分で切れる場所だけ切った。
花の写真
花の写真
10時22分
花の写真
14時33分

2004年  2005年  2006年  最新年度

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/