GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

コデマリ(小手毬)
花の写真
バラ科シモツケ属 Spiraea cantoniensis(学名) 落葉広葉小低木 中国原産
 八重咲きコデマリ矢印

 管理・育て方
特徴成長が早い。
樹高1〜3m
花期4月中旬に開花し、約半月楽しめる。
花芽分化10月。低温を経験すると、今年出た新小枝の側芽に花芽が分化し、翌年4〜5月に開花する。
日当たり日当たりを好むが、強い西日は避けられれば最適。半日陰でも良く咲く。
土壌乾燥しすぎない土壌。
肥料特に必要ないが、寒肥を上げると勢いが出る。
水やり土の表面が乾いたら。
病虫害強いが、ウドンコ病、カイガラ虫、アブラムシなどがつく事が有る。
剪定

適期:花後すぐ
新梢が伸び繁茂してから剪定すると、花芽の分化期に負担を掛けて充実した新梢が出来ない原因となり、花芽を切り取ることになるので注意。
高さ、直径、2mの余裕が有れば、殆ど剪定せずに育てられる。
古枝は、枝の途中で切らず、根元から切った方が綺麗。

大きく育てたい場合、良い枝がもう出ない古枝以外は、地際から切らない事
元気な枝の途中から切ると、威勢の良い長い枝が出る。
但し、上の方で切ると、そこから新枝が出て樹形が乱れる事が多い為、地際から30cm位で切る。

低く育てたい場合、花が終わる頃に地際から切って施肥をすると、元気な若い枝に蘇るらしい。
繁殖挿し木 3年目に花が咲く。

2004年 2005年 最新年度

  2005年5月8日 前年度の剪定直後
全部に今年の新枝が出てる訳でなく。途中から切ったのも有る。
また、真ん中の枝が飛び出ていた為、それも切った。
御礼肥は、窒素:リン酸:カリ=8:8:8の緩行性化成肥料を3掴みほど、置き肥した。
花の写真
剪定後の樹高 120cm
  2006年3月30日の状況 芽吹き

戴いた切り花を挿し木にしてから17年ほど経つ。

比較的日陰でも、季節になると毎年見事に咲いて呉れる。
水やりは殆ど自然の雨だけでよく、病気にもならず、カイガラ虫が偶に付く程度。非常に育て易い木で、とても気に入っている。
ただ、種は落ちないし、株分けすると失敗して、挿し木は時間が掛かるし、と、増やせずにいる。
花の写真
写真をクリックすると去年の状態。
  2006年04月02日の状況 花芽
小さいながら、花芽を確認出来た。 花の写真
  2006年4月13日の状況 蕾
蕾が白くなってきたが、まだ堅い。
花の写真 花の写真

  2006年5月2日の状況 開花
4月30日頃から、開花を始めた。去年よりさらに5日ほど遅れている。
花の写真
花の写真

  2006年5月5日の状況 開花
ほぼ満開。
花の写真 花の写真
2004年 2005年 
  2006年6月1日 剪定
剪定直後の樹形も考慮に入れ、主に花梗のみを切り、葉の無い茎が飛び出ている枝、枯れ枝が多くなった枝などを切った。 御礼肥は、窒素:リン酸:カリ=8:8:8の緩行性化成肥料を3掴みほど、置き肥した。 花の写真
剪定後の樹高 120cm

2004年 2005年 最新年度

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/