GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)
花の写真
シソ科キランソウ属 Ajuga reptans 多年草・地被植物

 管理・育て方
花期4月中旬頃から約半月間
日当たり正午くらいまでに2〜3時間の日が当たるか、明るい日陰を好む。(強い直射日光、西日を嫌う。暗すぎても生育が悪い。)
水やり乾燥に弱い為、土を湿り気味に保つ。但し、加湿になると蒸れて腐るので、葉を整理する。
土壌水はけと水持ちの良い土壌を好む。(地植え:ピートモス、腐葉土多め)
肥料多すぎると花付きが悪くなるので、花後に少量を施す。
剪定花が終わった後の花茎を根元から切ると、株の消耗を防げる。
(繁茂して来た時:出来る限り根元から切ると、ランナーの浮きが減って着地し易い。但し、ランナーも切ってしまわないように注意。)
植え替え同じ場所で4〜5年経つと生育が弱る為、他の場所に植え替えるか、新しい土と交換するか鋤(す)き込んだ方が良い。
繁殖ランナーが伸びた頃、ランナーに土を掛けたり、浮いてるランナーに石を乗せると、発根しやすい。
株分けの適期は10〜11月。根を下ろしているランナー(細長い茎)を先端から2〜3節目で切り、節から出ている根も一緒に掘り上げて、移植する。根付くまでに水が切れると消える。
病虫害病虫害に強いが、排水が悪いと立ち枯れ病が発生し易い為、ピートモスや砂をすき込む。
耐寒性耐寒性は強く、本来常緑だが、霜に当たると葉が赤くなったり、枯れることがある。
その他雑草を押さえる。全く生えないことは無いが、生えにくい模様。

2004年  2005年  2006年  2007年  最新年度

私たちが留守の間に、姑か姉妹かが植えた植物。
ネットで園芸種の十二単(別名 アジュガ)だと教えて貰った。

日陰でひっそりと生きていて、花が咲いて気が付くまでに随分と抜いてしまった。
根が浅くて、掃除の時に掻き取ってしまわないように注意。

  2008年3月26日の状況 花芽
6月(開花)へ 6月(開花)へ
2006年←  2007年←  最新年← 
一応、何処のも復活した。 6月(開花)へ
2006年←  2007年←  最新年← 

  2008年4月11日の状況 蕾
花の写真 花の写真
今年は元の場所も何とか残った!

  2008年4月17日の状況 開花中
花の写真 花の写真
花の写真 花の写真
上のほうはまだ蕾が多いが開花を始めた。
今年は双方、ランナーが沢山出ている。
2006年←  2007年←  最新年← 
4月16日の花の状態。
まだ蕾が沢山有る。
花の写真

  2008年5月2日の状況 開花中
5月2日の花の状態。
開ききっている。
花の写真
花の写真 花の写真
  2008年5月2日の状況 一部花茎切り戻し

日が少し当たる場所のは雨で倒れたのも有って、もう終わりなので、根元から切った。
一応、皆、ランナーも出て元気。

後は、暫くランナーが土に付いて根を土の中に出せるように面倒を見て、水を切らさなければOK。

花の写真
2006年←  2007年←  最新年← 

2004年  2005年  2006年  2007年  最新年度

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/