GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

ムクゲ(木槿)

アオイ科ハイビスカス属 Hibiscus syriacus 落葉低木 小アジア原産

 管理・育て方
性質耐暑性、耐寒性ともに強く、土質も選ばず、管理が簡単。
特徴生薬として、解熱(げねつ)、利尿(りにょう)、解毒(げどく)、かゆみ止めに効き目があるとされている。
花期7〜9月。
花芽分化5〜6月。今年出た新小枝の頂芽に花芽が分化し、2〜3ヶ月後に開花する。
樹高2〜4m。1.5m位から咲き始める。
日当たり良く日の当たる場所を好む。
水やり夏は水を多めに。
施肥2〜3月、6月、8月に根元に緩効性肥料を施す。
繁殖挿し木。
剪定落葉後の12月〜3月上旬。強剪定が可能で自由に仕立てられるが、無難なのは、前年伸びた枝を10cmほど残して切り落とす。余分な枝は根元から切っても可。
病虫害萌芽の頃にアブラムシが発生したり、6〜8月頃に根元付近にテッポウムシの被害がみられる。
特記ムクゲの花は、蜂が大好き!

  
15年前に植栽した。
1つの花は1日花だが、花期が長く夏から秋まで中咲いてくれる。

  2004年3月21日の状況 新芽
発芽はしているが、まだ硬い。

  2004年5月02日の状況 新緑
新緑真っ盛り。
樹高 350cm

  2004年5月25日の状況 蕾
小さな蕾を見っけ!

  2004年6月15日の状況 開花中
6月の初め頃だったか、次々と花が咲き出した。

  2004年6月〜9月の状況 開花中
結局、6月29日のが一番綺麗に撮れている。
8月は少し花が減って、9月にまた咲き出した。

6月29日

9月17日

  2004年10月15月の状況 剪定

10月初めまで咲いて呉れたが、15日、花殻が気になって剪定した。
中庭に冬の日差しが入るように、主に南に張り出て倒れそうな枝をすっぱり切っら、すっきり。

本当は、御礼を上げて、落葉した後が樹勢の為には、良いらしいが。

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/