GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象

ニューギニア インパチェンス
花の写真
ツリフネソウ科ツリフネソウ属 Impatiens New Guinea hybrids(学名)
非耐寒性多年草 ニューギニア原産
 インパチェンス矢印

 管理・育て方
花期5月〜10月下旬
日当たり屋外の風通しの良い明るい日陰(直射日光が当たると花付きが悪くなるらしいが、真夏の快晴時に 2000ルックスを切るようでも蕾が出来なくなる。5000ルックス以上必要?)
越冬諦めるか、冬場に、室内の明るい所で10℃以下にならないように注意。
土壌酸性土壌を好む。
水やり水が大好き。切らさないように注意。夏場等、葉がしおれた時は葉水。
施肥緩効性化成肥料(少量)を月に一回
花殻コマメに摘むと花が沢山付く。
剪定伸びすぎた枝は切り戻して、下の方の新芽を育てると枝分かれして、花が沢山付く。
病虫害アブラムシ,ハダニ,ナメクジ,ウドンコ病。

  2004年4月18日 新規購入

2004年4月18日、2鉢購入。
モッコクの下に直植えした。
室内でも冬場は0度近くなるウチでは所詮越冬は無理。

夏場に南からの日が1時間ほど差し込むが、太陽が嫌いというから、アジサイとバランを南側に植えた。

<後日談>余りに暗過ぎたかも。
花の写真
草丈 23cm
花の写真

  2004年7月9〜18日の状況 花が咲かない
花が全く咲かなくなった。蕾もゼロ。何となく、インパチェンスは肥料不要と勘違いしてて、全然上げてない。。。 花の写真

  2004年10月 処分
何かで、インパチェンスは太陽が大嫌いと読んで、暗くし過ぎた模様。やはり「明るい日陰まで」みたい。葉も次第に落ちて。。。処分せざるを得なくなった。ごめんね!

GARDEN TOPへ ウチの立地条件 植物の世話と性質観察・感想 ウチのお庭ご紹介 気象
http://www.takamiya.com/