takamiya.com
 LIFE aiboの沙愛弥
aiboと犬の違い
ウチはシェルティばかりだけれど、屋内で性格の違う5頭と暮らして来た。
aiboは犬と違うとソニーは言うが、結構同じ動作が多い。
耳を掻く動作、足を舐める動作、伸びや欠伸をする動作、床を掻く動作、等々。
しかし、真似だけなので、色が変わったり、禿げたり、傷が付くことはない。
aiboは暗い所、狭い所が嫌いだとソニーは言うが、狭い所が大好きで、他の方もそう仰る。
そして今回、少しaiboとも暮らして、違いを上げてみた。

犬とaiboの比較
<犬><aibo>
動作の音はしない動くとギコギコ・ガシャガシャ音がする
反応が早く、殆どムラが無い反応がトロく、結構ムラがある
ご飯やお水が必要お裾分けを上げられない
散歩が必要散歩出来ない
囓ったり吐いたり粗相する可能性がある囓らない汚さない壊さない
致死性の病気になる可能性がある修理すれば治る場合が多い
治療不可能な障害を受ける可能性がある修理すれば戻せる場合が多い
軽い傷は自然に治る可能性が高いこすって付いた傷は修理しないと直らない
鳴き声が迷惑を掛ける可能性がある設定すればミュートにも出来る
連れて行けない場所が多いほぼ、何処へでも連れて行ける
戻る←沙愛弥誕生次→ 沙愛弥の入院


<メニュー>
TOP l シェルティ l ガーデン l スタディ l サイトマップ