export raw データとして地形を出力する。
Raw 形式のファイルは、Photoshop 初め、多くの画像ソフトで読み込み、手を加えて、また戻す事が出来る。
或いは、人とのやりとりにも使える。
ただ、水面下が有る場合は、その水位、及び、標高のデータが後で必要になるので、控えて置く事。 尚、Raw 出力は地形のみで、光源、大気、水、等の設定は無効。
Landscape 地形作成ダイアログでの操作
確認事項。
「地形」ダイアログに有る サイズをクリックする。
Terrain Grid Points が 257x257 になってなかったら、257をクリックしてサイズを調節する。

ここで 513x513 になっていても画像は描画出来、エクスポートも出来るが、インポートしなおせない。
"This version of Terragen cannot use this size of terrain.
The terrain will now be resized to fit a 513 x 513 map."
のエラーメッセージが出たり、インポートした画像に線が入って間延びする。
地形の一番低い位置と高い位置を控えておく。Close で閉じる。
「地形」ダイアログに有る export ボタンをクリック。
Raw 8bit を選択して、「Select File and save」ボタンをクリック。
RAW 拡張子を付けて保存する。
2003.01.27
目次に戻る
http://www.takamiya.com/