戻ります
新品種を造る
メニューバーの PLANT の BREED で、新品種を造る事が出来ます。
気に入らなければ、右クリックして Delete Generation で、その世代(行)の植物を削除出来ます。 同時に Breed した品種は全て削除されますので、中には残しておきたい植物があれば、メイン画面にドラッグしておけば、安全に残せます。 ただ、Breed 画面のとは、向きや年齢が違う場合があるようです。
全部削除するには、Breed のメニューバーの Breed の Delete All。
これは?と思うのが出来たら、メインウィンドウへドラッグするか、右クリックして Send copy Main Window を選択すると、メイン画面に表示されます。
良さそうな形が出たら、回転させて確認し、気に入れば保存。少し気に入らなければ飼育調整をします。
尚、この Breeder リストは、メイン画面が全体表示になっていると、同時に表示出来ません。 メインの大きさを調節すれば、双方の表示が出来ます。
あるいは、メニューバーの Window の Breeder を選択してリストを出して下さい。

< 初めはちょっと混乱するかもしれない事 >
Window の Breeder で出るのはリスト。
Plant の Breed を押すと交配されます。

※ Breeder リストの内容は、PlantStudio を終了させると消えます。必要なのはメイン画面に取り込んでおきましょう。因みに、何でもかんでも取り込むとパソコンに負担が掛かります。

新品種を造る要領

突然変異の度合いを決めるボタン
色も突然変異させるかどうかを決めるボタン
ボタンが押されてない時、バランスや数だけが変化します。
ボタンが押されている時、花や葉の形状なども変化します。
breed ボタン 親が選択されている時に有効となり、ボタンクリックで繁殖を開始します。

2種類の親を選択する方法は、1種類を選択して、それから SHIFTキーを押しながらもう1つをクリックします。
※ 2本以上の親を持つことは出来ません。


尚、親が1本の時は、Breeder リストで親を選択して、ダブルクリックするだけでも、交配されます。
p の付いているのが、下の世代の親です。



Breed ボタン操作と繁殖の1例
親 1種類選択
ランダム2番目のボタン選択
カラーランダムボタン OFF
親 1種類選択
ランダム2番目のボタン選択
カラーランダムボタン ON
親 1種類選択
ランダム最小ボタン選択
カラーランダムボタン ON
親 2種類選択
ランダム最小ボタン選択
カラーランダムボタン ON

マウスでドラッグして2種類を選択しています。
親 1種類選択
ランダム3番目のボタン選択
カラーランダムボタン ON
戻ります
http://www.takamiya.com/